商標登録をする際の事前調査は大事

商標登録をする際は特許事務所などに手続きを依頼している人はきっと多いかと思いますが、依頼するならば事前の調査もぜひ依頼しておきたいものですね。なぜ調査を事前に依頼することが大事になるのか、その理由についてここでは見ていきたいと思います。

商標登録される前の調査

商標を登録する前に商標調査を実施したほうがいいでしょう。今既に使っている商標がある場合には侵害されていないかどうかを確かめる意味でも調査を受けると安心です。ほかの人や他社によって同一の商標や類似の商標があった場合には独占して使う権利は自社にあるということを主張することができます。商標が類似であるかどうかの判断、これは商標の名前の読み方や見た目、イメージなどそれぞれトータルで見て判断されるためになかなかすぐには答えは出ないこともあり、ケースバイケースでいいと判断されることもあれば、ダメだと判断されることもありますので難しい限りです。しかし権利を守るためにも調査は重要です。

調査をすることのメリット

商標登録をする前に事前の商標調査をすれば同一、類似の商標を調べることができますので、特許庁で審査を受けるまでに登録できるかどうかを調べることができます。せっかく商標の手続きをして申請したのにも関わらず登録されないで終わってしまえば労力も、費用も無駄になるでしょう。それを防ぐためにも事前調査をしておいたほうがいいのです。事前調査はデータベースが安易に誰でも見ることができるようになっているので、それを利用すれば自力でも可能ですが、精度を上げるためには、事務所に依頼したほうが安心です。
商標登録前に調査しておくことは、とても大事なことですから、事務所に依頼する、または自力で調査しておきましょう。

関連する記事

    None Found

  « 前の記事: を読む   次の記事: を読む »