商標登録を侵害してしまったら

万が一商標登録前の調査をしないまま登録をしたとか、すでに自社が権利を持っているものに対して商標権を侵害してくる会社があればどのような措置がとられるのでしょうか。ここではどのような罰則などがあるのか見ていきましょう。

裁判所から権利侵害を判断されると

これは裁判所から通知が来ます。裁判所が商標権侵害と判断すれば、罰則があります。例えば商標の使用はすぐに中止を求められるでしょう。また商標に付帯しているものなども破棄するか、もしくは訂正することを求められるでしょう。それは会社、店などで付帯している看板や目に付くPOPであることもあると思いますし、箸袋だったりレジ袋だったりすると思いますが、そういったものも含めて全て訂正しなければいけません。また営業活動に付帯しているものに関しても同様に破棄または訂正が求められます。名刺、チラシやパンフレッドなどは全て改善が求められます。

罰則や損失

これまでに使っていた分に対しては侵害分ということで損害賠償を求められることがあります。また信用回復措置ということでその会社の権利を侵害してしまっていたのだと謝罪の広告を新聞やホームページで出すことを求められます。商標権に対しては高い値段で買取を求められることもあります。この場合は既に権利を持っていた会社から権利を譲り受けることになるのですが、その値段はかなり高額になることもあります。これら一連の騒動があると会社そのものやお店そのもののイメージダウンになりお客様が離れてしまうことにつながります。また社長などが対応に追われてしまうことだってありえます。自社だけで解決できない場合はコンサルタントや弁護士などに相談をしたほうがいいでしょう。
商標登録を侵害するということは侵害される側も侵害した側にとってもデメリットがあります。

関連する記事

    None Found