商標登録とブランドについて

ブランドは認知度が高く、誰でも知っている一流ブランドから、これからブランドになろうとしているものまで色々とあります。ブランドというのは一夜にしてブランドになる訳ではなくて、育ってこそブランドになる訳で、長い過程がそこにはあるといってもいいでしょう。

商標登録はブランドの途中過程

ブランドは1夜にしてブランドになるわけではないと思います。消費者やお客様がいて、そのブランドを愛してそして一流のブランドへと発展していきます。ブランドを確立するためには実際その商品を他の商品やサービスから確立しなければいけないのです。ですから商標登録はいわばブランドを育てている過程の中の最初の一歩といってもいいのかもしれません。ブランドはもともとは家畜で使用されていました。自分がかっている家畜に焼印を押してほかの家畜とわかるようにしていたのです。

商標登録は区別するために

商標登録は自社の商品と他社の商品を区別するために、ブランドを区別するために付けるようなものです。商品が優れていた結果として多くの人が使用するようになったり、付属しているものが商品が良質で使い勝手がいいといったことをお客様がイメージするようになりますので、商品そのものが表しているイメージができてからは、付帯しているブランドそのものがもう安心の判断材料になっているといっても過言ではないでしょう。ですからブランドのイメージだけが商品、サービスとは関係なく一人歩きしていることもあると言えます。
ブランドを育てることはその会社のイメージにもつながりますが、商標登録はブランドを作り上げるまでのとても大事な過程でありその段階を経る手続きの一つだといっても過言ではないかもしれません。

関連する記事

    None Found

次の記事: を読む »